Skin Laundry

約3年前、妊娠と出産でホルモンのバランスが崩れたためか、肌にシミが目立つようになり、月経周期に合わせてニキビも増えるようになりました。美容関連には元々疎いのですが、さすがに気になったため知り合いに相談してみたところ、おすすめされたのがスキン・ランドリー(Skin Laundry)でした。

スキン・ランドリーは、ベトナム系のYen Reisによって始められたフェイシャル・トリートメント。2013年にLAで1号店をオープンさせて以来、爆発的な人気で、現在はニューヨークに5店舗を含む21店舗が展開されています。

レーザーと光フェイシャルがセットで行われるスキン・ランドリーのトリートメントですが、私はどちらもほぼ未経験だったので、やはりイメージとしては、痛くて、料金も高く、そして治療後の回復までに時間がかかるのでその後には大事な予定は入れられない、など、ネガティブなものばかりでした。

まさにそのネガティブなイメージを覆したのがスキン・ランドリー。スキン・ランドリーのトリートメントは非常にマイルドな設定になっているので痛みがほとんどなく、施術時間はたったの10分、そしてダウンタイムも全くないので、施術後すぐにメイクをすることができます。料金も1回$65で、他の一般的なレーザー治療と比べると3分の1から10分の1程度。オンラインで簡単に予約ができ、しかも初回は無料とのことで、私も迷わずすぐに予約を入れました。

初回は、施術前に病歴や治療歴などのアンケートに記入し、トリートメントの説明を受けます。このため、初回だけは予約の10分ほど前に来るように言われました。説明を受けた後、化粧落としワイプをくれるのでそれで肌をきれいにします。そして施術台に横になり、ゴーグルをつけてくれます。

まずはYAGレーザーと呼ばれるレーザー治療から始まります。

パチッパチッと弾けるような音をしながら顔全体をぐるりと2周します。少し熱く、痛いというほどではありませんが、少し痺れるような感覚があります。私も初めてのときは少し緊張していたので、痛いような不思議な感覚でしたが、回数を重ねると気持ちいいと思えるほどになり、特に冬場は寒いのでその温かさが心地よく、眠くなってしまうほどでした。

このレーザーによって、肌のメラニンを分解させ、毛穴を引き締め、皮膚のゴミや汚れを取り除き、コラーゲンの活性を促すのだそう。施術中、皮膚が焼け焦げるような匂いがして最初はびっくりしますが、汚れが取れている証拠だとだと思うと、いい匂いとまで思えてしまうのだから不思議です。

レーザー後に、冷却ジェルを顔に塗ってくれます。

そして次に、IPLライトという強い光をあてるフェイシャルが行われます。ゴーグルはつけたままで、目を閉じているのにもかかわらずその強い光が目の奥にまで伝わってきて、あまりに強いので目が見えなくなるのではないかと心配になるほどです。(もちろんそんなことはありません)

このライトによって、日焼けによるシミを薄くし、ニキビ跡やアクネ菌を減らし、お肌全体にツヤと明るさをもたらすのだそう。

光フェイシャル後、ジェルを拭き取って、SPF保湿液を塗ってくれて、終了。本当にあっという間です。

前述の通りマイルドな設定になっているので、1回の施術で見違えるような効果をもたらすというわけではなく、「洋服を洗濯するように肌も洗濯する」というコンセプトの通り、続けて行うことによって効果が見られるということでしたが、私の場合は施術直後に肌のハリに明らかな違いが感じられ、その日は2人別々の知り合いから肌のコンディションの良さを褒められました。

私はすっかりその効果を気に入り、その後最初の2ヶ月は週1ペースで集中して通い、その後は今もなお月1で行なっています。4回目あたりまでに、赤いニキビ跡がほとんどなくなり、ニキビもできにくくなったのは本当に嬉しい驚きでした。

既にレーザーなど色々な治療を行なっている方には物足りないトリートメントかもしれませんが、私のような初心者にとってはいろんな意味で丁度よく、これからも続けられそうです。

*3回回数券は$180($60/回)ですが、初回施術後にその場で購入すると、さらに$180が$150にディスカウントになりました。ポイント制もあるので、利用すればするほどお得です。

A post shared by Skin Laundry (@skinlaundry) on