先週末は、夏シーズンの開始を告げる日でもあるメモリアル・デーでした。息子のプリスクールも、今週末には終業式を迎え、長い長い夏休みが始まります。

先週2歳の誕生日を迎えた息子はまだなかなか喋ることができず、親としては少し心配になることもありますが、歩き始めるのもかなり遅かったので、マイペースな子なんだと思うようにしています。しかし自我はちゃんと成長しているので、ご多聞に漏れず「Terrible Twos(魔の2歳児)」に突入中。親としての忍耐力を日々試されています…

Giorgioは、Dean&Delucaが運営するポッドキャスト、Prince Streetにゲストとして何度か出演しているのですが、その流れで今回することになったのが、CMのナレーション。Giorgioの声をこのような形で聞くのは不思議な感じです。Dean&Delucaのインスタグラムより:

A post shared by DEAN & DELUCA (@deandeluca) on

今日紹介するレシピは、おそらくデルーカ家で1番か2番目によく食べる野菜、ブロッコリーラーブ (菜の花)を使った前菜です。我が家では前菜というよりはアペリティーボ、つまり食事の前にお酒といただくおつまみのような感覚。ディナーパーティをする際にも、ゲストがテーブルにつく前に、かなり高い確率でドリンクと一緒にこの料理をサーブします。誰もがとても喜んでくれ、そして食べ出すと本当に止まらない、アペリティーボには危険なおつまみです。

いかにもイタリアンらしい、極めてシンプルな、素材の美味しさを生かした料理で、つまりとても簡単。調理したブロッコリーラーブそのままだけでも十分美味しいですが、今回紹介するのは、軽くトーストしたバゲットにモッツァレラ・ブッファラ(水牛モッツァレラ)とブロッコリーラーブをのせていただく、クロスティーニまたはブルスケッタのような料理です。

調理したブロッコリーラーブは、そのままメインの付け合わせとしていただいたり、残ったら、翌日にリコッタチーズやパルミジャーノと合わせてフリッタータにしたりもできます。

これらが全部の材料です。と言いたいところですが、すっかり写真にバゲットを入れるのを忘れてしまいました…ので、次の写真も撮りました。
バゲットも足して取り直しました。ブロッコリーラーブは新鮮なものを。
完成形です。
調理するオリーブオイルは安いもので構いませんが、最後にかけるオイルはできるだけ上質のものを。シーソルトも忘れずに。

ブロッコリーラーブ (菜の花)のクロスティーニ

RELATED POSTS

  • Yield: 4人分

INGREDIENTS

  • 1 bunch broccoli rabe|ブロッコリーラーブ 1束
  • Pinch of salt|塩 ひとつまみ
  • 2 tbsp. extra virgin olive oil|エキストラバージンオリーブオイル 大さじ2
  • 1 clove garlic|ニンニク 1片
  • 1 loaf baguette|バゲット 1本
  • 4 oz mozzarella di bufala|モッツァレラ・ブッファラ 約125グラム
  • Pinch of sea salt|シーソルト ひとつまみ

INSTRUCTIONS

下準備

  1. ブロッコリーラーブの茎の部分は切り取って捨てておく
  2. 大きいお鍋にお湯をたっぷり沸かしておく
  3. ニンニクは皮をむいて3枚にスライス
  4. バゲットとモッツァレラ・ブッファラは好みの厚さにスライス

手順

  1. 沸騰した鍋に塩をたっぷりひとつまみ入れ、下準備したブロッコリーラーブを入れる。歯ごたえが少し残る程度まで、4分ほど茹でて、湯を捨て水を切る。この時、茹で汁を少しだけ取っておく。
  2. ブロッコリーラーブを茹でている間に、フライパンに中火でオリーブオイルを熱してニンニクに焼き色がつくまで炒めておく。
  3. そのフライパンに、湯を切ったブロッコリーラーブを入れる。オイルが跳ねるので注意。
  4. 取っておいた茹で汁を入れ、中火のまま5分ほど炒める。
  5. この間に、スライスしたバゲットを軽くトーストし、その上にモッツァレラを置き、そしてその上に調理したブロッコリーラーブをのせる。
  6. 上からできるだけ上質なオリーブオイルをかけ、シーソルトをかけて完成。

[Photos and styling by Hitomi Watanabe Deluca]