ルバーブのハンドパイ。今回は4つそれぞれ違うデザインに。

今月初旬に日本に帰国した際は、夏のような暑さに驚きましたが、こちらニューヨークもようやく気持ちのいい気候になってきました。今日はこの季節が旬の食材を使ったお菓子を紹介します。

ルバーブ

ルバーブは、鮮やかな赤色が美しい、欧米ではごく一般的な野菜です。大きな葉っぱがつくそうですが、食べるのは葉柄の部分のみで、強い酸味が特徴です。生では酸味が強すぎるので、砂糖と合わせて煮込んだり、焼き菓子などに使われることがほとんどで、野菜というよりは果物の感覚で調理をするのが一般的。今ちょうどニューヨークのグリーンマーケットに並び始めた頃で、長ければ夏の終わり頃まで手に入れることができます。

私自身、2001年にNYに引越すまでは聞いたこともありませんでしたが、今となってはお菓子作りに欠かせない材料の1つ。酸味があるのでお肉との相性もよく、砂糖と煮込んだルバーブソースを、ローストチキンやステーキなどと合わせるのがおすすめです。その際はルバーブソースにタイムやクローブなどのハーブやスパイスを混ぜるとより香り高いものに。

アメリカでは、ルバーブが少し古めかしい印象があるせいかしばらく人気は下火でしたが、健康志向の上昇と、美しい赤色のスイーツが写真映えするとあって、再び人気を集めています。

今が旬のルバーブ

ルバーブパイ

ルバーブを使った定番お菓子の1つが、ルバーブパイ。この季節になると私も必ず作るパイですが、今日は最近よく作っているハンドパイ、またの名をポケットパイ、つまりはミニパイを紹介しようと思います。1人サイズ、手で持って食べられるので、ハンドパイ。食べるときの手軽さが気に入っています。

ただハンドパイにすると、どうしてもフィリングと生地のバランスが悪くなってしまい、生地の割合が高くなってしまうという欠点があります。なので、ハンドパイにするときは、パイ生地よりも繊細なパートブリゼを使うことにしています。

なお、4個のハンドパイを作るのに、パートブリゼレシピの全量を使います。今回私が作ったハンドパイは、上生地のデザインを施しているため、その倍の量を使っていますが、デザインなしで普通の円形2枚を上下で重ねるだけであれば、倍の量は必要ありません。生地を伸ばす時のコツはここで紹介しているので参考にしてください。

小さい丸型の生地を並べて鱗のように。デザインをしない場合は、丸を2枚上下で重ねるだけでOK。

ルバーブフィリング

パイのフィリングには、苺と組み合わせるストロベリールバーブも人気でよく見かけますが、私はシンプルにルバーブだけを使ったものが好きで、合わせる材料も最低限にしています。この分量で作るとほぼ確実に余るので、その場合はプレーンヨーグルトにかけて食べるのがおすすめ。砂糖は極力少なくしているので、バニラアイスクリームと一緒に食べても酸味がきいて美味しいです。

砂糖とレモンの皮だけで煮込んだルバーブのフィリング。

ルバーブのハンドパイ

YOU MAY ALSO LIKE

  • Yield: 8cmの丸型パイ4個分

INGREDIENTS

  • パートブリゼ(レシピ全量/上記リンク参考)
  • 3 stalks of rhubarb|ルバーブ3本(約300グラム)
  • 2 tbsp. sugar|砂糖 大さじ2
  • 1 strip of lemon peel|レモンの皮1枚
  • Egg|卵 適量
  • Demerara sugar|中ザラ糖/ザラメ 適量

INSTRUCTIONS

下準備

  1. パートブリゼを作成し、冷やしておく。(レシピは上記リンク参考)
  2. ルバーブを洗って2cmくらいにカットする。
  3. オーブンを220℃(425°F)に予熱しておく。
  4. 卵を溶いておく。

手順

  1. パートブリゼ生地を30cm程度の正方形を目安に伸ばし、冷蔵庫で15分冷やす(上記の「生地を伸ばす時のコツ」のリンク先参照)。
  2. カットしたルバーブ、砂糖、レモン皮を鍋に入れる。
  3. 中弱火にかけて蓋をし、スッと串が通るくらいに柔らかくなるまで10分ほど煮込み、冷蔵庫で冷やしておく。
  4. 生地を出し、9cmの正方形8枚に切り取る。(または上生地は自由にデザインしてください)
  5. うち4枚を、クッキングシートを敷いた天板に並べ、残りの4枚は再度冷蔵庫で冷やしておく。
  6. それぞれの生地中央に大さじ3程度のルバーブフィリングをのせる。
  7. ルバーブフィリングを円形で囲むように、卵を生地に塗る。
  8. 残りの4枚を取り出し、それぞれ上から重ね、上下の生地が密着するように軽く押さえる。
  9. 8cmの円型で型抜きし、冷蔵庫で30分ほど冷やす。
  10. 冷蔵庫から取り出し、卵を塗って、中ザラ糖/ザラメをふりかける。
  11. 220℃(425°F)で10分焼き、175℃(350°F)に下げてさらに20分焼いて完成。

ルバーブのハンドパイ ルバーブのハンドパイ

[Photos and styling by Hitomi Watanabe Deluca]